運転免許の写真をマイナンバー写真で使い回すのはNG?使い回す方法を解説

目次

  1. はじめに
  2. 撮り直すのは面倒!マイナンバー写真を免許証写真に使い回すのはNG?
  3. 免許証写真・マイナンバー写真・パスポート写真の規格の違い
  4. 証明写真をスキャンしてデータにしサイズ調整して使い回す方法もある
  5. マイナンバーや免許証写真を一度に撮りたい人は写真館で撮影するのがおすすめ!
  6. 免許証写真とマイナンバー写真の使い回し可否のまとめ

どこで撮るか迷っているなら「スタジオインディ」にお任せ!

パスポート写真におすすめのスタジオインディパスポート写真

証明写真専門の写真館「スタジオインディ」なら、8,000円以下でプロによるヘアメイクと撮影、加工修正が施されたパスポートや運転免許証、マイナンバーカードに使う証明写真がお得に手に入ります!

厳しい規格も何なりとクリア♪

プロクオリティの証明写真を撮影して、5年、10年、誰にでも提示できる身分証をゲットしませんか?

パスポートや免許証写真は
"スタジオインディ"

はじめに

免許証写真を自分で撮影する方の中に、「マイナンバーカードも作る予定だから、免許証写真を使いまわしたい」という方が一部います。

しかし、マイナンバーカードをはじめ、証明写真が必要となるパスポートや履歴書など、それぞれ写真に厳しい規格が定められております。そのため、これらの規格が守られていれば、併用は可能です。

実際に、併用していくにあたり、

  • ・マイナンバー写真を免許証写真に使い回すのは可能か
  • ・免許証写真は地域によって規格が異なるため使いまわせない場合もある
  • ・免許証写真・マイナンバー写真・パスポート写真の規格の違い
  • ・証明写真をスキャンしてデータにして使い回す方法
  • ・マイナンバーや免許証写真を一度に撮りたい人へおすすめの方法

主にこの5点について、このブログでは解説していきます!

撮り直すのは面倒!マイナンバー写真を免許証写真に使い回すのはNG?

運転免許の写真をマイナンバー写真で使い回すのはNG?使い回す方法を解説1

結論からいえば、マイナンバー写真と免許証写真の規格を満たしていれば、写真を使い回すことができます。しかし、マイナンバー写真と免許証写真には規格があり、条件が厳しいということを認識しておきましょう。当然、免許証写真をマイナンバー写真に使い回すこともできるわけです。ほかにも、パスポートや履歴書においても同様です。

免許証写真は地域によって規格が異なるため使いまわせない場合もある

運転免許の写真をマイナンバー写真で使い回すのはNG?使い回す方法を解説2

運転免許証の写真に適用される基準については、各都道府県によって異なるため注意が必要です。
そのため事前に詳細について、該当エリアの運転免許センターに確認する必要があります。

免許証写真は地域によって規格が異なるため、使いまわせない場合もあることを理解しておきましょう

免許証写真・マイナンバー写真・パスポート写真の規格の違い

運転免許の写真をマイナンバー写真で使い回すのはNG?使い回す方法を解説3

より具体的に免許証写真と、マイナンバーカードの顔写真の規格を違いを解説します。
この2つは特に使いまわしたい方が多いので、大きな違いを事前に知っておきましょう!

規格の違い1:サイズ

  • 免許証写真 縦3cm×2.4cm
  • マイナンバー写真とパスポート写真 縦4.5cm×横3.5cm

規格の違い2:背景色

免許証写真の背景色は無地であり、服装と同じ柄もしくは色が重ならなければ問題ありません。
一般的には白や青、グレー、ピンク、イエローなどといった色が定番となっています。
一方でマイナンバー写真とパスポート写真の背景色は、白、もしくはオフホワイトと定められています。

どの証明書にも共通していえることですが、背景には本人以外の人や物が写っていてはいけないといったことも覚えておきましょう。
さらには人物の影が入っていても承認されないのです。
ですから、照明の当たり方によっては影が写ることもあるので、自撮りをする場合には細心の注意が必要といえるでしょう。

証明写真をスキャンしてデータにしサイズ調整して使い回す方法もある

運転免許の写真をマイナンバー写真で使い回すのはNG?使い回す方法を解説4

これから免許証写真を撮影するのではなく、今手元にある免許証の写真をマイナンバーカードの写真に使用したい方もいらっしゃいます。
そんな方は、免許証写真をスキャンしてデータ化し、サイズ調整をしてマイナンバーカード写真に使い回す手段をご紹介いたします。
データ化した証明写真にトリミングしながらサイズ調整をしていきます。こうしたことで証明書写真を使い回すこともできるのです。
また撮りにいく手間や料金が発生しないため、手軽にできますよね。

ここで注意点があります。データ化した証明写真に必要以上、加工を加えないようにしましょう
写真が暗い場合に適切な明度に調整することは問題ありませんが、極端に明度を上げて顔が識別しづらい写真となってしまっては台無しです。これでは審査に通過することができません。

こういった部分を踏まえると、普段あまり写真加工に慣れてないという人であれば一筋縄ではいかないのです。
時間をかけてしまった挙げ句、再提出となってしまったという恐れさえあります。
極力リスクを避けるという意味では、写真のプロに依頼するのも一つの手段ではないでしょうか。

マイナンバーや免許証写真を一度に撮りたい人は写真館で撮影するのがおすすめ!

パスポート写真におすすめのスタジオインディパスポート写真

免許証写真をはじめ、複数の身分証の写真を撮影する予定の方は、ぜひスタジオインディで撮影をお任せください!

スタジオインディでは、免許証写真・マイナンバーカード・パスポートなどの写真撮影ができるプランがあります。各写真の厳しい規格に対して、熟知しているプロが、申請がスムーズにいく写真を高品質でお作りいたします。

また、1回の撮影で、免許証写真やマイナンバーカードの顔写真を作ることができます。ぜひ併用を検討している方は、1回で複数の身分証が手に入るスタジオインディの利用をご検討ください!

身分証写真はお得に撮影できるスタジオインディへ!

パスポート写真におすすめのスタジオインディパスポート写真
  • ・パスポート写真
  • ・運転免許写真
  • ・マイナンバーカード写真

など、5,10年と長期間使用する身分証明書の写真はぜひスタジオインディをご利用ください!

全国に14店舗、全店駅徒歩5分以内のスタジオでお待ちしております。

パスポートや免許証写真は
"スタジオインディ"

写真スタジオでは珍しく、いつでもどこでも気軽にWEB予約が可能!

8,000円以下でプロスタッフによる撮影・ヘアメイク・加工修正を施し、

規定クリアの証明写真を即日お渡しいたします!(加工修正は相談しながら対応)

フルメイクプラン

がおすすめ!

男性でも

90%以上の方が

メイクを利用

しています

プラン メイク・修正あり 撮影・修正のみ
メイク フルメイク なし
ヘアセット ×
写真修正
撮影データ 別途3,300円(税込) 別途3,300円(税込)
スーツレンタル 無料 無料
背景色 白or青 白or青
写真枚数 4枚 4枚
焼増し 4枚/1,100円(税込) 4枚/1,100円(税込)
お渡しスピード 当日(最短5分) 当日(最短5分)
全額返金保証 ×
所要時間目安 60分 30分
定価(税込) 税込11,380円 税込8,480円
クーポン
適用価格(税込)
税込7,980 税込5,980

※レタッチは隣で相談しながら行います

就活・転職用のお写真は就活・転職用のプランをご利用下さい。

「全額返金保証付き」!プロスタッフが手掛ける写真だからこそ品質に自信あり!

ぜひお気軽にご予約ください!

パスポートや免許証写真は
"スタジオインディ"

免許証写真とマイナンバー写真の使い回し可否のまとめ

免許証写真とマイナンバー写真データについて、以下の点を解説してきました。

  • ・マイナンバー写真を免許証写真に使い回すのは可能か
  • ・免許証写真は地域によって規格が異なるため使いまわせない場合もある
  • ・免許証写真・マイナンバー写真・パスポート写真の規格の違い
  • ・証明写真をスキャンしてデータにして使い回す方法
  • ・マイナンバーや免許証写真を一度に撮りたい人へおすすめの方法

免許証写真とマイナンバー写真の使い回しは可能です。
しかし、使い回しにかかる手間や労力があるということも認識しておきましょう。
近年は証明書のデジタル化が進んだこともあり、写真館やスタジオでデータ化した証明書写真も提供してくれます。

同時期に複数の証明書写真が必要となった場合、一度、写真館やスタジオで証明書の撮影を行いデジタル化してもらうのも手段の一つです。
プロによってデジタル化した写真であれば、使い回ししても証明書の質は維持できるのですから。
この機会にご自身が納得される方法での免許証写真とマイナンバー写真を入手しましょう。