運転免許の証明写真を撮影するときの服装の注意点とおすすめの服装

はじめに

運転免許証は数年間同じものを使用するため、証明写真の写りを気にしている方も多いと思います。
運転免許証を発行するのに必要な証明写真ですが、実はNGになる服装もあるのです。

こうした状況の中で

  • 「どんな服を避けるべきなのか」
  • 「証明写真を撮影するときにぴったりな服装はどんなものか」

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな運転免許の証明写真を撮影するときの服装を中心に、

  • ・撮影するときの服装は基本自由
  • ・撮影の時に避けるべき服の色
  • ・撮影の時にNGになる服装
  • ・撮影のときにおすすめの服装

などを解説していきます。

目次

  1. はじめに
  2. 運転免許を証明写真を撮影するときの服装は基本的に自由
  3. 写真の背景色と同じ系統の色の服は避けるべき
  4. 撮影の時にNGになる服装
  5. 運転免許の証明写真を撮影するときにおすすめの服装
  6. 運転免許の証明写真を撮影するときの服装の注意点のまとめ

どこで撮るか迷っているなら「スタジオインディ」にお任せ!

パスポート写真におすすめのスタジオインディパスポート写真

証明写真専門の写真館「スタジオインディ」なら、8,000円以下でプロによるヘアメイクと撮影、加工修正が施されたパスポートや運転免許証、マイナンバーカードに使う証明写真がお得に手に入ります!

厳しい規格も何なりとクリア♪

プロクオリティの証明写真を撮影して、5年、10年、誰にでも提示できる身分証をゲットしませんか?

パスポートや免許証写真は
"スタジオインディ"

運転免許を証明写真を撮影するときの服装は基本的に自由

運転免許の証明写真を撮影するときの服装の注意点とおすすめの服装1

運転免許の証明写真を撮影する際の服装は、男女共に基本的に自由とされています。

しかし運転免許の写真は本人確認にも使用されるので、服で顔が隠れてしまっては意味がありません。
そのため、運転免許の証明写真を撮影する際の服装には、NGな服装もあります。

写真の背景色と同じ系統の色の服は避けるべき

運転免許の証明写真を撮影するときの服装の注意点とおすすめの服装2

運転免許証の写真撮影時には、「背景が青だったら青色の服は避ける」というように、背景と服の色が同じにならないようにしてください。
背景と服の色が同じだと同化し、対象人物がはっきりと写らず、本人確認ができなくなる恐れがあります。この場合、免許証の証明写真として利用が不可のため、再撮影を求められ手間がかかるかもしれません。

撮影する際に同じ色にならないよう、青系統の服は避けるようにしてください。

撮影の時にNGになる服装

運転免許の証明写真を撮影するときの服装の注意点とおすすめの服装3

では具体的運転免許証写真においてNGな服装とはどのような服装なのでしょうか?
撮影の時にNGになる服装は以下の4点です。

  • ・帽子.ヘアバンド
  • ・マフラー
  • ・マスク
  • ・サングラス.カラーレンズのメガネ
  • ・カラコン

詳しく解説していきます。

   

帽子・ヘアバンド

帽子やヘアバンドは目元が暗くなったり、頭部が一部写らなくなったりするため着用NGです。
しかし宗教上や医療上の理由での着用は、認められています。これらの場合で仕方なく着用する際は、撮影時に申し出るようにしてください。

   

マフラー

運転免許用の証明写真は、顔の輪郭が見えている必要があります。マフラーは首や下顔面を隠してしまうので、撮影するときは外すようにしてください。

また、長すぎるタートルネックも同様の理由でNGな服装となります。

   

マスク

運転免許の証明写真は、本人確認でも使用する機会があります。マスクをしていては、本人かどうかの確認が取れないので、必ず外すようにしてください。

   

サングラス・カラーレンズのメガネ

レンズが透明なメガネは着用しても問題ありませんが、サングラスやカラーレンズのメガネは目元が隠れるためNGとされています。高いブルーライトカット効果があるメガネもカラーレンズに含まれる場合があるので、気をつけてください。

   

カラコン

カラコンはその人の印象も変えてしまう場合があります。ナチュラルなものでも目の大きさや色が変わってしまうのでNGです。普段度入りのカラコンを使用している方は、コンタクトやメガネで代用するようにしてください。

運転免許の証明写真を撮影するときにおすすめの服装

運転免許の証明写真を撮影するときの服装の注意点とおすすめの服装4

以下では、撮影するときにおすすめの服装は以下の2つです。

  • ・襟つきのシャツを少し開けると小顔効果が狙える
  • ・背景色と異なる系統のパステルカラーの服を選ぶと血色がよく見える

詳しく解説していきます。

   

襟つきのシャツを少し開けると小顔効果が狙える

襟つきのシャツを一番上まで閉めてしまうと、顔が大きく見えてしまう場合があります。そのため襟つきのシャツを着用する際は、少し開けることをおすすめします。男女関係なく小顔効果が期待できる着こなしなので、ぜひ試してみてください。

   

背景色と異なる系統のパステルカラーの服を選ぶと血色がよく見える

背景色である青以外のパステルカラーの服を選ぶと、顔に血色感がでて映りが良くなります。逆に黒や濃いなどの暗いカラーを選ぶと、顔色を悪く見せてしまう場合があります。写真映りが気になる方は、洋服の色を意識してみてください。

身分証写真はお得に撮影できるスタジオインディへ!

パスポート写真におすすめのスタジオインディパスポート写真
  • ・パスポート写真
  • ・運転免許写真
  • ・マイナンバーカード写真

など、5,10年と長期間使用する身分証明書の写真はぜひスタジオインディをご利用ください!

全国に14店舗、全店駅徒歩5分以内のスタジオでお待ちしております。

パスポートや免許証写真は
"スタジオインディ"

写真スタジオでは珍しく、いつでもどこでも気軽にWEB予約が可能!

8,000円以下でプロスタッフによる撮影・ヘアメイク・加工修正を施し、

規定クリアの証明写真を即日お渡しいたします!(加工修正は相談しながら対応)

フルメイクプラン

がおすすめ!

男性でも

90%以上の方が

メイクを利用

しています

プラン メイク・修正あり 撮影・修正のみ
メイク フルメイク なし
ヘアセット ×
写真修正
撮影データ 別途3,300円(税込) 別途3,300円(税込)
スーツレンタル 無料 無料
背景色 白or青 白or青
写真枚数 4枚 4枚
焼増し 4枚/1,100円(税込) 4枚/1,100円(税込)
お渡しスピード 当日(最短5分) 当日(最短5分)
全額返金保証 ×
所要時間目安 60分 30分
定価(税込) 税込11,380円 税込8,480円
クーポン
適用価格(税込)
税込7,980 税込5,980

※レタッチは隣で相談しながら行います

就活・転職用のお写真は就活・転職用のプランをご利用下さい。

「全額返金保証付き」!プロスタッフが手掛ける写真だからこそ品質に自信あり!

ぜひお気軽にご予約ください!

パスポートや免許証写真は
"スタジオインディ"

運転免許の証明写真を撮影するときの服装の注意点のまとめ

本記事では、運転免許の証明写真を撮影するときの服装の注意点について、以下の点を解説してきました。

  • ・撮影するときの服装は基本自由
  • ・撮影の時に避けるべき服の色
  • ・撮影の時にNGになる服装
  • ・撮影のときにおすすめの服装

運転免許の必要な証明写真は男女共に基本的には自由ですが、避けるべき色やNGになる服装などがあります。特に重要なのが、顔の輪郭や目元が隠れていないかです。
直前になって焦らないように、事前に準備が大切になります。今回解説したポイントを元に自分に似合う服を着て、映りの良い証明写真を撮ってもらってください。